【9/29更新】10/1~10/21までの市民交流センターの利用について

平素は市民交流センターをご利用いただきありがとうございます。
兵庫県から、緊急事態宣言解除後の県独自措置として、引き続き感染収束に向けた取組が求められていることから、10月1日(金)から10月21日(木)までの市民交流センターの利用を下記のとおりとします。

1.利用時間について

■部屋の使用について
夜間区分(17:30~22:00)について、引き続き使用を中止します。
※夜間区分の使用中止に伴い、お支払い済みの使用料については全額還付(口座振込)します。また、午前・午後及び10月22日以降の使用についても、新型コロナウイルス感染防止を理由としたキャンセルについては、引き続き全額還付します。
※10月1日以降の夜間区分について申込可能ですが、今後の感染拡大状況等により使用できないことがあります。予めご了承ください。

■窓口・相談受付

内容 受付時間
窓口・相談受付(対面)・印刷機の使用 9:00~21:00
電話での仮予約、相談対応(電話・メール・オンライン) 9:00~22:00

2.部屋使用人数について

従来の定員に戻しますが、活動に応じて適切な身体的距離を確保し、感染対策を行ってください。
なお、以下の使用については引き続き、部屋の使用人数を定員の半分までとします。


(1)大きな声を出す、または歌う利用(活動)
【例】演劇、合唱、カラオケ、アカペラ、詩吟、民謡、長唄など
(2)呼気を使って音を出す楽器などを使用する利用(活動)
【例】リコーダー、オカリナ、ハーモニカ、尺八、管楽器など
(3)体操、ダンス等体を動かす利用(活動)
【例】各種体操(親子体操等を含む)、各種ダンス、武道、ヨガなど
(4)調理・会食を伴う利用(活動)
【例】料理教室、茶道など

※上記以外の活動であっても、大声を出す利用(活動)は、部屋の定員の半分までとします。
※印刷機・コピー気を設置している部屋については使用人数制限(5名)を解除します。

感染防止対策の徹底をお願いします

(1)発熱や咳、咽頭痛などの風邪症状や体調に不安のある方は、利用を控えてください。
(2)マスクを着用してください。息苦しさ等によりマスクを外す場合は身体的距離を確保し、会話や発声は控えてください。
※共用部分では必ずマスクを着用してください。
(3)こまめな手洗い・手指消毒を行ってください。
(4)「3つの密」(密集・密閉・密接)を回避してください。
①頻繁な換気(目安として30分に1回、5分程度)
②活動に応じた適切な身体的距離の確保
③近距離での会話や発声を控える
(5)部屋使用時間内(活動終了時)に、使用した机、照明スイッチ、備品等の消毒を行ってください。消毒セットは鍵と一緒に貸し出します。
(6)活動終了後に「市民交流センター使用状況確認書」を提出してください。
(7)活動当日の参加者の名前、連絡先を把握しておいてください。(感染者が確認された場合、名簿の提出をお願いする場合があります。)
調理、会食を行う活動
(1)調理中はマスクを着用してください。
(2)大皿は避けて料理は個々に分け、他者と共有することのないようにしてください。
(3)座席の配置は十分に距離をとり、対面とならないようにしてください。

使用料の還付について

夜間区分の使用中止に伴い、お支払い済みの使用料については全額還付(口座振替)します。
また、午前・午後区分及び10月22日以降の使用についても、新型コロナウイルス感染防止を理由としたキャンセルについては、引き続き全額還付します。

■手続き
原則、口座振替にて還付いたします。
詳細は、お電話(0798-65-2251)ください。

■還付額
使用料の全額

riyouseigen_0929-1-1200x1680 riyouseigen_0929-2-1200x1680

※ 上記の条件に関しましては、今後の状況により見直す場合があります。