令和2年度「キリン・地域のちから応援事業」公募助成
《応募締切:2019年10月31日まで》

助成対象となる事業

障害があってもなくても、高齢者でも子どもでも、日本人でも外国人でも、同じ地域やコミュニティで生活する一員として、共に理解し合い・支え合う共生社会の実現を願い、地域における障害児・者、高齢者、子ども等の福祉向上に関わる、次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成します。なお、災害の復興応援および防災に関しても広く募集します。
※ここでの「ボランティア活動」は、自発的・自主的・利他的に行われる無償の活動を指します。

(1)子ども・子育て世代の福祉向上に関わるもの
子ども・子育て世代が主体となって実施する活動
地域やコミュニティの子ども・子育て世代を元気にする活動を応援します。

(2)シルバー世代の福祉向上に関わるもの
高齢者が知識・技術・経験を活かして実施する活動
地域やコミュニティの高齢者を元気にする活動を応援します。

(3)障害や困りごとのある人・支える人の福祉向上に関わるもの
障害のある人や困りごとを抱える人・それらを支える人(病気や困りごとを抱える人の介護者や応援者も含みます)が主体となって実施する活動
地域やコミュニティの障害のある人や困りごとを抱える人・支える人を元気にする活動を応援します。

(4)地域やコミュニティの活性化に関わるもの
既存の自治活動やお祭りから一歩進んだまちづくり、新たな繋がりを創りだし地域やコミュニティを元気にする活動、共生社会を創る活動、災害復興等の活動を応援します。

【事業区分】 具体的な事業区分の例は次の通りです。
居場所づくり(広場・サロン・サークル・作業場・食堂等)、施設・居住訪問、講演会・講習会の開催、交流(世代、グループ)、ネットワークづくり、カウンセリング、読書・絵本・読み聞かせ、芸術・文化振興(音楽・演劇・絵画・手芸等)、社会・自然・農業体験、スポーツ・健康、地域での遊び、芸能伝承、非行・いじめ・不登校、虐待防止、社会的養護、学習支援、介護、配食、送迎、防犯、見守り、社会的弱者の当事者及び支援活動(障害児・者、外国を背景に持つ子どもや人、生活困窮、社会的マイノリティ等)、まちづくり、環境整備、地域活性化、災害復興、防災、その他。

助成対象となる団体

(1)4名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。
※NPO等の法人格の有無、および活動年数は問いません。
※障害者・高齢者・子ども・地域活性等を推進する団体、それらを支援する団体のどちらでも助成対象とします。
(2)連絡責任者は満20歳以上であること。
※年齢は令和2年4月1日現在の満年齢とします。

助成金額

1件(一団体)あたりの上限額30万円です(プログラム助成総額4,700万円)。原則として単年度助成です。
※審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合があります。
※助成金については、令和2年5月末までに全額を一括でお支払いいたします。
※申請された事業に対しての自己資金の有無は問いません。

助成対象となる経費(いずれも活動に直接必要なものに限る)
(1) 旅費・交通費
鉄道、バス、ガソリン代等の交通費や宿泊費(実費)
(2) 備品費
文具、教材等の購入費用(使っても残るもの)
(3) 消耗品費
用紙、筆記用具、食材等の購入費用(使ったら減ったり無くなるもの)
(4) 制作費
ポスター・パンフレット等の作成費用
(5) 通信費
郵送、宅配便等の費用
(6) 会場費
会場使用料、会場設営に関わる費用
(7) 謝金
外部講師・外部ボランティア等に対する謝礼金
(8) その他
上記経費項目以外の活動に必要な経費

助成対象にならない経費
(1) 団体メンバーの人件費、団体メンバーへの講師料等の謝礼金
(2) 活動の拠点となる事務所等の家賃・光熱費・通信費等
(3) 事務所や居宅等で恒常的に使う備品の購入費用(パソコン、コピー機、プリンター等の汎用機材等)
(4) 活動の拠点となる事務所等の設備工事費用、車両等の購入費用
(5) その他、申込の事業には直接関係のない費用

申込受付期間
令和元年9月9日(月)~10月31日(水) 当日消印有効

詳細はホームページをご覧ください。

問い合わせ先

公益財団法人 キリン福祉財団 事務局(北村・小松代)
TEL:03-6837-7013  FAX:03-5343-1093
Eメール:fukushizaidan@kirin.co.jp