2019年度ひょうご環境保全創造活動支援助成
《応募締切:2019年2月8日》

■ひょうご環境保全創造活動支援助成金とは

社会の構成員すベての参画と協働による環境適合型社会の形成を基調として、健全で恵み豊かな環境を保全し、ゆとりと潤いのある美しい環境を創造するため、その支援事業として、「ひょうご環境保全創造活動助成」制度を設け、活動経費の一部を助成しています。

2019年度 ひょうご環境保全創造活動支援助成のご案内

(1)スタートアップ支援助成
県内で環境保全創造活動を行う団体を立ち上げようとする者、及び団体を立ち上げてから2年未満の団体が、その団体を立ち上げ、維持運営するための活動及び実践的活動。

(2)環境保全創造事業助成
県内で概ね2年以上継続して環境保全創造活動を行っている団体の実践的活動。

★発足から2年未満の団体でも、任意団体を含めて継続した活動期間が2年以上ある団体は、(2)環境保全創造事業助成、(3)環境パートナーシップ事業助成の申請区分で申込みができます。

(3)環境パートナーシップ事業助成
県内で環境保全創造活動を行っている団体が、企業・大学・行政・NPO等と協働で実施しようとする活動。なお、助成を申請しようとする事業についてパートナー(企業・大学・行政・NPO等)と連名で申請する必要があります。

★環境課題の解決には、環境の面からだけではなく、経済及び社会の面から総合的なアプローチが必要であり、SDGs(持続可能な開発目標)の視点を取り入れるなど、環境・経済・社会の課題の同時解決に取り組むことが求められることから、SDGsの考え方を活用し、環境保全活動を中心に捉えつつ複数の目標を統合的に解決することを目指す団体のパートナーシップ活動の支援をします。

詳細はこちら。