平成30年度中間支援活動助成
《募集締切:2018年05月31日》

【応募期間】
平成30年4月16日(月)~5月31日(木)※必着

【助成対象事業】
中間支援活動を行うNPO法人等が相談、ネットワーク、情報提供等の機能を発揮して、地域のNPO等の基本的な活動を支援する取り組みや、課題解決に向けた企画立案事業に助成します。
①基本事業
1・・・相談 2・・・情報提供 3・・・人材育成 4・・・書類作成指導 5・・・その他
②企画立案事業
地域のNPO等の課題解決に向けた、時節に応じた企画立案事業。
※一つの市区町域のみを対象とする場合は不可。
※①のみの申請は可。②のみの申請は不可。
※②の企画立案事業の同一内容での申請は最長3年です。

【助成金額】
上限100万円 (①上限50万円。①+②は100万円。助成予定額1000万円)
※複数年にわたって事業を実施することも可能ですが、年度ごとに改めて審査を行なったうえで、助成の可否を決定します。

【助成対象団体】
中間支援活動を行うNPO法人、一般社団(財団)法人等。要件はおおむね次の通りです。
①主たる事務所が兵庫県内にあること。
②法人認証後、原則として3年以上経過していること。
③分野を特定しない中間支援活動を日常的に実施していること。
④NPO等の運営について相談・助言できる専従職員と専用事務室を有していること。
⑤機関紙、HPなど充実した広報ツールを編集・発行していること。
⑥ひょうごボランタリー基金を始め、競争的な外部資金の獲得の実績が豊富なこと。
⑦外部支援スタッフなど経験豊富な人材を有し、必要に応じその支援が受けられる体制にあること。
⑧ネットワーク的な組織・活動の事務局運営の経験があること。

【申請から助成までの流れ】
申請書の提出(4月・5月)→書類審査→(現地調査)→第1次選考委員会(6月)→第2次選考委員会(7月中旬頃。プレゼンテーション及びヒアリング審査あり)→結果通知(7月)→実績報告書・請求書の提出→助成金の交付

【助成対象経費】
本事業において必要不可欠と認められる経費
など、関節経費(一般管理費:人件費・通信費・会議費・印刷費・図書購入費・消耗品費等)は助成額の30%を限度に算入を認めます。
ただし、事務所費用(事務所の家賃、光熱水費等)、備品(助成額の20%を超える部分)、飲食費等は除きます。
※上記の経費の執行状況については、実績報告書に際し、領収書等の支出証拠書類により確認を行います。

【申請方法】
①申請書は、ひょうごボランタリープラザのホームページよりダウンロードしてください。
②申請書は、ひょうごボランタリープラザに郵送または持参してください。

【事業報告会等】
本年度の事業報告書等を説明しますので、説明会はできるだけ参加願います。
また、採択団体は事業報告会等により事業の成果を公表していただきます。

【情報公開】
助成事業の実施状況については、団体のホームページ等の中で公開していただきます。
また、実績報告書の一部(団体名、代表者名、事業名、収支決算書、事業実施実績一覧表、活動の成果等)が、ひょうごボランタリープラザのホームページで公開されます。

【お問い合わせ窓口】
ひょうごボランタリープラザ(兵庫県社会福祉協議会)
〒650-0044
神戸市中央区東川崎町1-1-3 神戸クリスタルタワー6階
TEL:078-360-8845 FAX:078-360-8848
(月曜から金曜 9:00~17:00)