【団体連携事業】自閉症サポーター講座「もっくんのおもしろ世界」

topバナー
開催日 2019/02/24(日)
開催時間 午前10時~11時30分
参加費 無料
対象 障害者支援に携わる方、当事者・保護者の方、地域の民生委員、福祉・教育に興味のある学生、スポーツ指導者・愛好家、(当日お暇な方)
会場 西宮市市民交流センター 体育室
定員 15名

TOPOは余暇支援を通して、自閉症の障害特性理解に努めています。
本講座では自閉症についてわかりやすく描いたサポートブックを用いて、
自閉症の面白さや魅力が伝わるスポーツ現場からみた特性についてお伝えします。

■プログラム
1.講義
2.ワークショップ(トポモーション)
簡単な運動をします。上靴をお忘れなく。
※トポモーション・・・自閉症当事者と一緒に楽しく身体を動かします。

● TOPOは、《自閉症サポーター》の位置づけを提案します。
● 何ができて何が苦手なのか?実際に自閉症の人と関わってみてわかることがあります。
● どんなサポートがあれば楽しく社会参加できるのか考え、理解してくれる人を増やしたいと思います。

 

近年、「自閉症」という名称は発達障害と共に報道や書物も増えつつあり、理解が進んでいないように思えます。
しかし一方では、独り言や独特の動きをすることにより、外出中に奇異な目で見られたり、
昨今の治安の悪化のためか、不審者として警察に通報されてしまうケースもあります。

駆けつけた警官に抑えつけられたり職務質問をされた経験がトラウマとなり、その後の生活の中で
フラッシュバックからのパニックに苦しむ人もいます。
個別の特性が多様な自閉症です。
その行動特性や、何ができて何が苦手なのか?実際に自閉症の人と関わってみてわかることがあります。
どんなサポートがあれば辛い思いをせずに楽しく社会参加できるのか考え、理解してくれる人を増やすため
《自閉症サポーター》の位置づけを提案します。

■参加申し込み(※チラシダウンロード
特定非営利活動法人TOPO
FAX:0798-56-8497
Mail:toposun.official@gmail.com