8 青少年育成

目的 学校 ・ 地域 ・ 家庭が連携し、地域で子供を育む社会をつくる。

現状と課題

◆核家族化や都市化により、青少年の人間関係能力の低下が問題とされる中、教育的なねらいを持った体験学習を通じての健全な自我意識と社会的意識の形成が求められている。
◆価値観やライフスタイルが多様化している社会においては、画一的ではなく、創造力やチャレンジ精神、柔軟な思考力や変化への適応力といった社会を生き抜く力を持った魅力ある指導者の養成が必要である。
◆青少年補導委員が、補導活動を行っているが、遊び方等の変化により子供の実態が把握しにくくなっており、家庭・地域・学校が連携して対応する必要がある。
インターネットによるいじめや迷惑メールなどの問題が増加しており、保護者や関係諸団体に対して、トラブル防止への啓発活動を行う必要がある。
◆各市立小・中学校の教育連携協議会での議論を経て、学校・家庭・地域が連携し、子供の育ちに関する課題の解消のための取組が継続して実施されているが、地域がより主体的に教育連携事業に取り組めるよう、学校及び地域において、仕組みを結びつける役割を担う人材等の育成が必要である。
家庭教育支援として、家 庭 教 育 講 座 やニュースレターを通じての学習機会の提供や、「家庭教育5つの実践目標」の啓発による生活習慣づくりを推進しているが、講座等に参加しない家庭へのアプローチや、問題を抱え孤立した家庭への積極的な働きかけが必要である。
◆児童数は減少しているが、女性の就業率の上昇などに伴い留守家庭児童育成センターの利用ニーズが高くなっている。また、児童福祉法の改正により、高学年児童も利用対象となったことからも、待機児童対策、高学年受入れ、子ども・子育て支援新制度基準にのっとった運営を早期に実現する必要がある。
◆子供を取り巻く社会環境が変化する中、子供が安全に快適に過ごし、放課後における豊かな遊びなどを通じて自立心、社会力、創造力等を育成していくことがますます重要となっている。学校施設等を利用した放課後の子供の居場所づくりを進めているが、効果的かつ効率的に子供の居場所づくりを進めるためには、各放課後関連事業や学校等との連携・調整が必要である。
児童館・児童センターは、子供の健全育成の場として市内9か所に設置しているが、地域的に偏在しており、放課後施策全体の中で、その役割について、各校区の状況なども踏まえた検討の必要がある。

市の取り組み内容

①青少年健全育成体制の充実
②地域・家庭の教育力の向上
③留守家庭・放課後等の児童育成

政策分野に関連する市民活動

団体名 活動内容

特定非営利法人 元気が出る本屋

■Ⅱ-8 青少年育成 Ⅳ-18 文化芸術
世代を超えて様々な市民に対して、より身近に本と接する機会を創出し、古本市等のイベントへの参画と移動書店の運営により、古物営業法に基づく古物商及び本の対面頒布を行うことで、電子媒体では得られない本の価値の伝承や子どもたちの情操教育等に寄与することを目的とする活動。

特定非営利活動法人 S.H.A.R.E

■Ⅱ-8青少年育成
主にチアダンススクールの運営、コーディネーショントレーニングの実施。スポーツを通して、青少年の運動能力、コミュニケーション能力の向上を目指します。
■Ⅲ-10高齢者福祉,■Ⅲ-15健康増進・公衆衛生
老人ホームの慰問を行い、キッズチアリーダーのパフォーマンスを披露しています。また、子供達と高齢者の交流を積極的に行います。
■Ⅳ-18文化芸術, ■Ⅳ-19スポーツ
チアダンススクールの運営。子供だけではなくシニアチアリーダーの育成を行なっています。年齢を問わず、生涯スポーツとして取り組んでいく事を推進しております。また男子のパフォーマーの育成も行います。

特定非営利活動法人 パークコーディネート創生

■Ⅰ-2 緑・自然
淡路島国営明石海峡公園内の活動
■Ⅱ-8 青少年育成
クラフト等のボランティア活動、JAXAとのコラボレーション

公益財団法人 西宮市文化振興財団

■Ⅱ-7学校教育、Ⅱ-8青少年育成、Ⅳ-18文化芸術
指定管理者として、市民会館及びなるお文化ホールの管理運営を行い、市民の文化芸術発表の場を提供しています。また、主催者として、実演芸術・美術事業を制作運営しています。

公益社団法人 日本空手協会賛助会員 西宮支部

■Ⅱ-8青少年育成
空手道の精神と技術の向上を図る。
■Ⅳ-19スポーツ
空手を通じて健全な体を育てる。

一般社団法人 西宮青年会議所

■Ⅱ-8青少年育成
未来を担う青少年の成長に資する事業を毎年形を変え、継続して開催(青少年キャンプ、西宮てらこや、福島の子供達との交流 等々)
■Ⅳ-19スポーツ
・JCサッカーの開催
・わんぱく相撲大会の開催
■Ⅵ-33住民自治、地域行政
・地域関連選挙について、公開討論会を開催
・行政組織会議体への出向を通じ、協力参画

特定非営利活動法人 西宮てらこや


■Ⅰ-1住環境
地域の大人(学生)と子どもとが触れ合う事業を実施することで、地域社会内での交流を活性化し、子どもや子どもを持つ親にとって良好な住環境の向上を図ります。
■Ⅱ-6子供・子育て支援 Ⅱ-8青少年育成
子供にとって、様々な体験を通じた学びのある事業を実施いたします。また、地域の学生が子供と触れ合う事業を通じて、地域で子供を育成する意識を高めていきます。

特定非営利活動法人 武庫川スポーツクラブ

■Ⅱ-8青少年育成
青少年にランニングを中心にスポーツの楽しさを提供し、肉体と精神の健全な育成に寄与する。
■Ⅳ-19スポーツ
武庫川河川敷を活動の中心地として、年齢や性別を問わずランニングスポーツを推進する。併して、スポーツ時のケガ予防や体調管理を指導できる人材を養成し、他団体や地公体との交流を促進する。

特定非営利活動法人 こころ・からだ研究所

特定非営利活動法人 にしのみや次世代育成支援協会

■Ⅱ-6子供・子育て支援/Ⅱ-7学校教育/Ⅱ-8青少年育成
障害の有無に係わらず、だれもが挑戦し、可能性を拡げ、夢を描けるよう支援する活動を行っています。プロの講師陣による指導のもと、パンやお菓子、料理作りや、野外における体験プログラムの実施。
■Ⅲ-9地域福祉/Ⅲ-10高齢者福祉/Ⅲ-11障害者福祉/Ⅲ-16共生
2020年度より新たに地域に根差した事業を展開します。子どもも学生も、働く若い世代、子育て世代も高齢者も、障害のある人も、生きづらさを抱えた人も、地域を構成するすべての住民が、自分の暮らす地域で、自分らしく、つながりを持って暮らせる地域社会づくりを目指し、関係機関と連携しながら、いつでも立ち寄れる地域拠点の運営サポートを行います。
■Ⅵ-33住民自治・地域行政
地域における住民同士の関係の希薄化、孤立化という課題を解決するため、地域の中でつながりを築ける拠点の運営サポートを行い、地域力の向上と次世代を担う人材の育成を目指しています。